祝!新国宝三尊 みうらじゅん×いとうせいこう 見仏記ライブ

見仏記チラシ表

日本で一番新しい国宝 木造大日如来坐像をはじめとする三尊像が、300年ぶりの金堂の修復完成にともないついに帰還されました。金堂の完成とご本尊様のお帰りを祝う「落慶法要」に合わせて、従来とは違った角度から仏像を鑑賞し、仏教ブームの火付け役となったガイド本「見仏記」でおなじみの2人みうらじゅん・いとうせいこうをお迎えしお届けします、300年に一度のスペシャルトークショーがここに実現!

 

「見仏記」でおなじみのみうらじゅん・いとうせいこうがかつて訪れた天野山金剛寺。当寺に残る仏像の魅力とともに、見仏道中でお二人の心に残った仏像をスライドショーで紹介します。

特に、木造大日如来坐像・木造不動明王坐像、木造降三世明王坐像はそれぞれ重要文化財でしたが、この度3体が1件の国宝となり、来春美しい金堂に安置されます。

金剛寺の史上では豊臣秀頼公が、次に徳川綱吉公の命を受け岸和田藩主が、金堂を修復して「落慶法要」が執り行われた記録がございます。そこから300年ぶりとなる今回。金堂の完成とご本尊様のお帰りを祝う「落慶法要」(3/27火)を機に特別拝観も実施されます。

 

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002250095P0030001

sold out

 

■イベント問い合わせはメールにてa-kongoji@kawachi-nagano.info