第61回 Body Shop 神谷 店長 みっちゃんミチミチの 「1人旅 放浪記」

こんにちは!BodyShop神谷の店長「みっちゃんミチミチ」こと神谷光義と申します。

14年前に加賀田にて開業し、昨年小塩町にてリニューアルオープンし、日々自動車のお修理をさせて頂いております。そんなわたしの趣味は「一人旅」。今回は「放浪記」を書かせていただきますね。

子供の頃から冒険遊びをするのが好きな私。

秘密基地はもちろんの事、行った事が無い場所への好奇心は大きかったですね。

小学生の頃は主に自転車でしたがタイヤがあればどこまでも行ける。

そんな私の冒険心に拍車がかかり1度ローラースケートで出掛けると!。

これはもう、、、「楽しいっ~」っと自分に言い聞かせながらの、、、ハイ。地獄でした。

高校性になればすかさずバイクの免許を取り、あっちこっち三昧です。

思いついたと同時に出発するのがいつものパターンでして基本無計画です。

ですが行動基準を1つだけ挙げており、例えば東へ6時間進む。

そこがゴールでそこは何処なん? バカげてますがこれが楽しかったんですよね。

そういえば夏休みのある日「日の出を見に行こう!」と思い立ちいざ大阪湾へ。

暗いなか堤防に一人座りずっと太陽が昇るのを待ち眺めておりました。

結構明るくなって来たのに一向に太陽が現れない? はっと後ろを見ると!

そうなんです。私は西に向かって日の出を数時間も、、、しょっぱい夏の思い出です。

車の免許を取っても同じような事を繰り返しておりました。しかし少しずつ物足りなさが

出て来るんですよね。そこで思い付いたのが海外!!行った事の無い海外に好奇心がフツフツと

沸き始めたんです。そして行くならホテルでは無く民家!ホームステイをしたい!!

全く英語の喋れない、このままの自分を外国の家に置いたらどうなんだろう?

その時の私は28歳、結婚すればまず出来ない、今しか無い!

自分を試したい好奇心。抑えられない衝動に駆られ、斡旋業者へ相談、即時申込みの手続き。

仕事の休みの関係で期間は1カ月。予算はわずかな貯金と車を売って50万円で、カナダへ向かいました。

 

写真1

 

言葉の通じない私にこのご家族さんは本当に良くしてくれました。

私の勝手な理由で一切の英語の勉強をせずに行きましたが、一生懸命に関わってくれる皆さん。

しかし私は何を言っているの分からない。相手の気持ちに気づいた時に「せめて単語帳ぐらいは

持ってくれば良かった」と手ぶらで行った事に悔やんだのを覚えております。

でも結論、言葉が通じなくても心は通じ合える。これは身をもって感じました。

初日からお母さんは「ミツビシー」と私を呼んでおり、数週間後のお別れの日

「グッバイ、ミツビシー、、、」 と涙してくれました。

バックパッカーの人達が泊まる安宿4人共同部屋にも滞在し、多国籍のリビングでは

あらゆる言語が飛び交って、私もソファーでテレビを眺めながらも

まぁ~、摩訶不思議な光景と世界を一室に集中した模様が刺激的でしたね!

結婚してからですが、嫁さんから「行っておいで」とオーストラリアへ一人旅。

ちなみに私の中の「旅 」と「旅行 」の違いの定義がありまして、

旅行は計画的で

旅は「テーマのみ決めて最大限無計画 」です。

ここ最近は家族も仕事もあるので長期的なこんな遊びはしておりませんが

5年前には数日間でしたが西表島に行きました。

 

写真2

 

密林トレッキングをしたり、マングロープをカヌーで下ったり。

家族旅行や友達仲間との旅行もこれはこれで楽しいですよね。

みんなでワイワイ同じ景色を楽しんだり賑やかにご飯を食べたり。

同時にたった一人での旅もまた、私には魅力に満ちております!

自由で予定もなく気の向くまま、贅沢な時間だといつも思います。

 

写真3

 

長くなりそうなのでこの辺で終わりますが、年齢と共に最高に気に入った場所

3年程前に訪れて大好きになりました! 竹富島です。

 

写真4

 

民宿泊まりで時間はゆ~っくり、ゆ~っくりで、人もまたゆ~っくりで

昭和初期にタイムスリップした様な錯覚さえ覚えます。

また機会があれば行きたいと思っています。

日頃お忙しい方には、のんびりしたい方にはワタクシ神谷、ぜひお勧め致します!

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

 

第61回